社長挨拶

ホーム > 会社概要 > 社長挨拶

社長挨拶

金井勇一郎 当社は明治19年(1886年)初代金井由太郎が市村座の大道具として創業、昭和39年(1964年)金井忠次郎、俊一郎が金井大道具株式会社を設立いたしました。創業以来劇場の大道具として、また株式会社設立以降は、演劇のみならずテレビ・イベント・ファッションショー・コンサート・展示会など幅広い分野において、『伝統と創造』という理念をもって大道具の製作業務に携わってまいりました。

 社名に大道具を冠する会社として、この社名を守り、日本の伝統・文化を継承するとともに、常に新しい時代の変化を察知し、すべての分野においてお客様のニーズに対応できる総合的な大道具会社として成長をしていく努力をいたす所存でございます。

 また平成13年(2001年)に、金井大道具の総務・経理・人事部門を切り離し、100%子会社として間接部門のアウトソーシング業務専門会社 株式会社アルファソリューションを設立いたしました。平成24年(2012年)には照明・音響・舞台関連管理業務部門のテクニカルグループを新たに加えて、さらに幅広い分野にてお客様のご支持をいただける企業を目指してまいります。

 今後もより一層のご指導・ご鞭撻を賜るとともに、さらなるご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 金井 勇一郎

沿革

明治19年
創業
市村座の大道具製作を請け負う
大正13年
大道具金井 設立 初代 金井由太郎
市村座・邦楽座・新橋演舞場・東京芸術劇場などの大道具経営を手がける
戦後 再開場された明治座・新橋演舞場の大道具経営に携わる
昭和39年
金井大道具株式会社(法人組織)として設立 金井忠次郎
越谷本社工場 竣工
昭和42年
金井俊一郎 代表取締役社長 就任
昭和48年
株式会社パシフィックアートセンター 設立
昭和50年
金井舞台株式会社 設立
日本総合舞台美術株式会社 設立
昭和56年
緑山スタジオ内に緑山工場 設置
昭和58年
歌舞伎座舞台株式会社 設立 (長谷川大道具株式会社再建のため社名を変更)
平成 2年
日本舞台技術総合研究センター 設立
平成10年
新川工場 設立
平成12年
株式会社シアター・コミュニケーション・システムズ 設立
平成14年
株式会社アルファソリューション 設立
「歌舞伎大道具(背景画)製作技術保存会」 文化庁認定
平成15年
株式会社ひょうごT2 設立
平成18年
金井勇一郎 代表取締役社長 就任
金井俊一郎 代表取締役会長 就任
本社を越谷工場より東京営業所へ移転
平成19年
越谷工場をシーンテックさいたまへ移転
金井舞台株式会社 業務統合のため解散
平成20年
大阪支店 設立
平成21年
日本舞台技術総合研究センター 解散
「歌舞伎大道具(背景画)製作技術保存会」で継承
平成23年
新川工場をシーンテックさいたまへ統合
平成24年
名古屋支店 設立
名古屋工場 設立
平成26年
愛知県芸術劇場 委託業務 開始
沿革

受賞歴

昭和31年 2月
金井大道具株式会社
毎日演劇賞美術特別賞 受賞
昭和31年11月
金井大道具株式会社
演劇界月間賞 受賞
昭和37年 5月
金井大道具株式会社
菊田一夫賞 受賞
昭和40年10月
金井大道具株式会社
日本舞踊協会賞 受賞
昭和48年 3月
金井大道具株式会社
伊藤熹朔賞 受賞
昭和58年 5月
金井俊一郎
松尾芸能賞舞台技術賞 受賞
平成 5年 4月
金井俊一郎
伊藤熹朔賞 受賞
平成 5年 6月
金井俊一郎
長谷川伸賞 受賞
平成 7年 3月
金井勇一郎
松尾芸能賞新人賞 受賞
平成 7年11月
金井俊一郎
紫綬褒章 受賞
平成13年 4月
金井勇一郎
日本演劇協会賞 受賞
平成14年 4月
金井俊一郎
勲四等旭日小綬章 受賞
平成15年 2月
金井勇一郎
第11回読売演劇大賞優秀スタッフ賞 受賞
平成17年 2月
金井勇一郎
第13回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞 受賞
平成20年 4月
金井勇一郎
第35回伊藤熹朔賞 受賞